前へ
次へ

一戸建て住宅の購入ならこれが理想的

建売の一戸建て住宅を購入する人の方が注文住宅を購入する人よりも圧倒的に多いです。
建売の一戸建て住宅と注文住宅でかかる費用を比較してみると一目瞭然で、建売の一戸建て住宅の方がかかる費用は小さくなります。
その理由は建売の一戸建て住宅はいかに費用を抑えて家を建てるかということで作っている家が多いですし、多棟現場に建っている家は、みな同じような間取りで同じような資材を使って一気に建てていきますので、資材費や人件費も抑えることができるからです。
それに比べて、注文住宅は施主の気持ちをそのまま家に組み入れていきますので、似たような家はあるかもしれませんが、基本的には世界に一つだけの家です。
人件費もかかりますし、資材費もそれなりにかかります。
また、家が完成するまでには建売住宅よりも約一ヶ月長くなるでしょう。
お金に余裕があるなら、注文住宅によるマイホーム購入の方が妥協することなく、理想的な家が手に入ります。

Page Top