前へ
次へ

中古の一戸建て住宅を購入するための注意事項

私は約10年前に中古の一戸建て住宅を購入しました。
最初新築物件を購入したいという強い気持ちを抱いていましたが、当時主人の収入があまり良くなかったため、中古住宅を購入することを決意しました。
中古の一戸建て住宅に住むにあたり、壁紙を貼り替えたりキッチンやトイレなど水回りを総入れ替えしたため、200万近くのリフォーム費用が必要になりました。
中古住宅は以前住んでいた方がこまめに掃除していたり、築年数が浅ければ浅いほど、リフォーム費用を安く抑えることができる可能性があります。
新築物件を購入するよりも購入金額を抑えることができる中古物件は、自分でDIYをしたりすることができるため、現在比較的若い世代の方に人気です。
築年数が経っていれば経っている物件ほど、リフォーム費用が必要になったり、物件を購入しても建物自体を建て直ししないといけない可能性があるため、中古物件を購入する際には、築年数や建物の劣化具合をしっかりと確認することが重要です。

Page Top